作業療法室「エスペランス」(ESPERANCE)
作業療法 作業療法 作業療法
私たちは社会復帰に向かって各部門が連携して、患者さんが無理なく、社会復帰できるように常に合同カンファレンス等を通じて検討しています。
  
<相談室、総合医療室> 精神保健福祉士、心理士

医師や看護師によるケアーはもちろん、ケースワーカー、心理士が個別にきめ細かく皆様のご相談、ご要望にお答えします。


<精神科作業療法> Occupational therapy 「エスペランス」(ESPERANCE)

退院や社会復帰のためのリハビリテーションです。手芸や書道、体操などさまざまな活動があり、それぞれの活動を楽しめるように工夫しており、より高いリハビリ効果を求めています。


<デイケア>  Day-Care Center 「ふわり」(Fuwari)

退院はしたけれど行き場のない方のためにデイケアを行っています。食事、入浴、レクリエーションをはじめ精神科作業療法も実施、精神障害者の方の社会復帰を支援します。


<宿泊型自立訓練事業所> Halfway House「ステップ」(Step)
入院の必要はないものの一人で生活できない人のために、自立した生活がおくれるように訓練する施設です。入所期間は原則として2年以内となっています。


<グループホーム> Group Home 「まえはた」(Maehata)
病院より駅近くの利便性のよい府営住宅の4階にあり、二人世帯2戸というユニークな形式で、自立した生活が送れる施設です。